[小嶋ララ子] ゆめゆめ心中


作者:小嶋ララ子

再び出逢い、再び恋をした・・・
子どもの頃の記憶がないゆずるは、何度も同じ夢を見ていた。
小さな神社で誰かと遊んでいる夢。
けれど、いつも相手が誰なのかわからないまま目が覚める。
そんなある日、弟の良介が大学の友達・たくみを家に連れてくる。
ゆずるは突然、「やっと会えた」とたくみに言われ、かつてたくみと幼馴染みだったことを知る。
何も思い出せないゆずるだったけれど、たくみはやさしくて一緒にいるとなぜか懐かしい気持ちになる。
ゆずるは少しずつたくみに惹かれていくが・・・

11+
Share