[じゃのめ] 曲がり角に、犬

高校生の小津ケンジは、昔自暴自棄になっていたところを助けてもらって以来、同級生の伊丹秋人を一途に慕っていた。好きなんて言わなくていい。ただ犬みたいにずっとそばにいられればいい。けれど、そう思っていた日々は少しずつ変わりはじめ…。