[藍井こたれこ] 能ある鷹は性癖を隠す【描き下ろしおまけ付き特装版】



弾む後頭部が色っぽくて―……。表情豊かで生粋のゲイである小鳥大智は、自身が通っている整骨院の医師・鷹城に恋をしている。
そんな小鳥のキモチも知らず、鷹城は会うたび毎回小鳥に触れてくる。その度にドキドキして、期待して……恋する心が痛む……。
優しくてカッコよくて、大人な鷹城……だけど彼は、「骨」をこよなく愛する凄く変な人だった!?
「小鳥のソレ(理性)を止めなければ触れてもいいというこうとなのか?」
身体目当てより、たちが悪い彼に小鳥の理性は切れてしまい―……!?

変人整骨院医師×不憫なナチュラルボーンゲイの胸キュンエピソード!!
止められないってのはな……こういうことなんだからな……っ!?

5+